FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
縁側の昼下がり。
2007 / 07 / 19 ( Thu )
縁側の殿


またも惰眠をむさぼる殿ちゃん。縁側の網戸からは、穏やかな風が入ってきます。早くも室温が30度を超えて、暑くなりそうな一日。

寝る場所を少しずつ変えて、とりあえずはこの場所に落ち着いた模様。夜になると、この場所とか、必ず網戸のある場所で、外をしきりに眺めている。お友達を待っているのか。

最近は、めっきりと近所の猫も顔を見せなくなって、寂しいのかも。もうそろそろ3カ月ですが、妻は殿ちゃんを外に出さないことを決めたようです。我が道の勝手なお散歩ができないのは可哀相ですが、もっと可哀相な目にあわないためにも。

どんな夢を見ているのやら。穏やかな風が、生ぬるい風に変わる頃、また寝場所を変えました。猫は一番涼しい場所を求めて移動すると、妻が。

あんまり気持ちよく寝ているので、暖かい毛布でも掛けてやろうかしらん。などと、いじわるを。見てるだけでも暑苦しいので、これはやめ。妻から、竹輪のおやつを一切れもらって、また寝てます。場所を変えて。よく寝るなあ、猫は。
スポンサーサイト
15:46:59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<大分の暮らし、3カ月が経過。 | ホーム | 九州南部が梅雨明けです。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/569-e6cd8b27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。