FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
妻のクッキー、なんと陸君が食べた。
2008 / 02 / 04 ( Mon )
陸とクッキー

先週のこと、妻が久しぶりに手作りのクッキーを焼いた。突然、何をし始めたかと思ったら、しばらくして香ばしい匂いが部屋に広がり、クッキーだとわかった。

色が何も付いていないのは、バタークッキーとシナモンクッキー。緑色は抹茶で、焦げ茶色はココア。手作りクッキーは、いいものです。誰が何処でどんな材料を使って作ったか、なんて心配はない。まして添加物もない。

焼き上がりのほっかほかなんて、そうそう味わえない。これぞホットケーキです。冷めたら、普通のクッキー。まことにおいしい。

私たちが食べるのを、陸君がじーっと見つめる。盛られた皿をクンクンと嗅いでいる。冗談で、ほら、いいよ、と妻が言った。私は笑って、食べるもんか、と。陸君、顔を伸ばす。なんと、ぱくついた。食べている、バタークッキーを。

抹茶を差し出した。ボロッと口にする、はき出した。ココア、匂いを嗅いだだけで食べない。シナモン、これは食べた。抹茶も、独特の渋みがあり甘さと相まっておいしいんだけで、彼には大人の味がわからないのかも。まだ8才、うんとこさ未成年。後日、妻はまたクッキーを焼いた。今度はバターとシナモンのみで、クルミやラム酒に漬けたレーズンを入れ、陸君の分も含めて、多めに焼いた。毎晩、減るのが早い。そうか、陸は妻が食べ過ぎないように、気を遣ってるわけだ。
スポンサーサイト
15:49:14 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<シェフとソムリエの、おすすめは。 | ホーム | コンビニ深夜営業はいらない。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/754-c7eb2643
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。