FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
妻が買った、瀬戸内の魚介。
2008 / 03 / 16 ( Sun )
妻の買物

妻が岡山のスーパーで買った魚介とその他もろもろが、昨日のうちに、宅急便で到着した。なんだかんだと説明しながら次々に取り出す妻。まずは、寄島産のしゃこ。妻が買ったときは生きていたのですが、お友達のところで下ゆでしたとか。それをかぼす醤油、または醤油を付けて背中部分をがっつく。ほんのり甘みもあって、おっと猫の殿ちゃんが狙っています。

ちぬ、これも寄島産。妻は胴体を塩焼きにして、残りのアラは潮汁にする予定。潮汁って、魚介の旨みがじっくり味わえて、おいしいですね。これは楽しみ。

玉ひも。これは、ほんとに久しぶりに見た。子供の頃です。要は卵を産む母鶏の内臓というか、卵になりかけの部分。右は大腸に当たる部分。妻曰く、小腸の方がおいしいらしいんだけど、そんなものを扱う店はないらしい。これを甘辛煮にすると旨いんです。スーパーや肉屋さんで売っているのは見かけたことがなかった。私たちが、子供の頃は、鶏肉だって、臓物もふくめてほとんどを余さずに食べたってことですね。

たいらぎ貝の貝柱は下津井産。もちろん、刺身でいただきます。もう旬も終わりの時期で、今年は食べ納めですね。猫の殿ちゃんが、一番食べたかも。

いいだこも寄島産。いいだこ、つまり頭の方に、ご飯粒のようなたまごがいっぱい詰まっていて、それが旨い。タコといえば、最近はモロッコ産とかばかりと思っていましたが、どっこい岡山は国産が豊富。

赤舌も寄島産、通常は舌平目です。岡山ではゲタという。煮魚にするために大きい方を選んだとか。さすが瀬戸内海は種類が豊富。この地、大分だって魚介は豊富ですが、妻はこれがない、あれがない、という。そんなもの、東京のスーパーだったら、種類はもっと少ないんだから。それに高いし。その土地ならでは新鮮な食材、思わぬ妻のお買物を、これからじっくり楽しみましょうか。
スポンサーサイト
15:38:56 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<陸に何事もなく、ひと安心。 | ホーム | 妻が帰って、いつも通りの朝。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/791-1badd1cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。