FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
奈良の街角で、こんなもの発見。
2008 / 06 / 27 ( Fri )
奈良の番外


図書館ついでの番外ですが、歩きながら、パシャパシャと、観光客のようにカメラのシャッターを切りました。で、いろいろ撮影したものからご紹介。

アーケードの東向商店街を歩いているとき、妻が、あっ、あれ。と指さした。アーケードを見上げると、レリーフじゃなくって、なんだっけ。鹿をあしらった図柄がいいですね。

1枚のポスターを見つけました。なら燈火会、ならとうかえ、と読みます。8月の夜の、闇の中を、ろうそくの灯りが流れるように。幻想的でしょうね。灯りと闇、見る人の心の中にどんな想いが巡るのでしょうか。8月の5日から14日までとなっています。

東京の佃島にもいっぱい路地があったけれど、ここは路地の向こうに石段が見える。びっしりとお店の看板や品書きがあって、その向こうにも住まいが伺える。なんとも味わいのある路地です。

この浮き彫りはお地蔵さん?仏様?何に使うもの?かつて、お寺なんかにあったのでしょうか。よく見ると骨董屋さん。お店の雰囲気も骨董的。奈良って、寺院はもちろんだけど、街中にもいろいろな発見があって面白い。
スポンサーサイト
14:50:17 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<節約エコは、なんにもしないこと。 | ホーム | なら町で買った、団扇。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sandenji.blog73.fc2.com/tb.php/899-cd5a2623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。